代行散骨レポート3月3日 (日)

午前中に雨の予報でしたが予定通り出発しました。

 

この日はお見送りが有り船内でご遺骨とお別れをして、近くからお見送りされました。

 

この時間中潮の干潮でしたので長島リゾート近くを航行し名古屋港沖(新舞子沖)に向かいます。

 

小雨が降りましたがオーニング(屋根)が有るので濡れることは有りません。

 

エンジンを停止してセレモニーの開始です。波は無くオルゴールの音だけが聞こえてきます。

 

仏様は喉が渇くと言われていますのでお水を捧げます。

 

 

邪気を祓うためお神酒で清めます。

 

特大のカサブランカです。お花を捧げお見送りしました。

 

 

 

パンフレット請求(無料)について

海の散骨舎のパンフレットを無料でお届けしております。
ご家族やご親族と相談をする際にご活用ください。
※お一人様1冊までとさせていただいております。