新型クルーザー納船と12月の代行散骨

12月22日今年最後の代行散骨です。

本日は9柱です。

新舞子沖で

新しいクルーザーが納船され初めての散骨です。

大型船でエンジンが2機で馬力が有り、波を物ともせず走ります。ボートでは珍しくエアコンもついているので寒さも気になりません。

トリトン(湾岸高速)下には鵜が沢山居ました。

トリトン名港西大橋を通過して新舞子沖に向かいます。

分かりにくいですが50cm以上の波が有ります。

以前のボートですとかなり揺れましたが今度のクルーザーは全く平気で全速でも航行出来ます。

型式がPCと言いますがPCの意味はパシフィッククルーザー日本語ですと「太平洋を巡行」外海でも走れるということです。

新舞子沖で太平洋フェリーに会いました。

写真で波の大きさが分かると思います。大型船になり少々の波風でも安全に乗船して頂く事が出来ます。

パンフレット請求(無料)について

海の散骨舎のパンフレットを無料でお届けしております。
ご家族やご親族と相談をする際にご活用ください。
※お一人様1冊までとさせていただいております。